[車中泊]ダイソーの目隠し(カーテン)レビュー。これは損しない!

スポンサーリンク

車中泊用にダイソーの目隠し(車用カーテン)を導入したのですが、これがコスパ最強でした。

車中泊をする際には、目隠し大切ですよね。

防犯面や寝顔をオープンに晒すのも恥ずかしいですし(笑)

そこで、プラダンや車種専用品を使って目隠しを作るのが一般的だと思います。

でも、ぶっちゃけこれめんどくさいし、装着するのも大変。

運転に疲れて早く寝たいときの目隠し装着はかなーり重労働。

そこで、ダイソーで見つけてしまいました。

車中泊に最強な目隠し(車用カーテン)を!

今回はこのダイソーの目隠しについてレビューしていきます。

スポンサーリンク

車中泊に最適。ダイソー製目隠しレビュー

ダイソーの目隠しの正式名称は「車内用 日よけカーテン」。

そして、2つのサイズがあります。

レギュラーサイズ→横45cm×縦65cm

ワイドサイズ→横75cm×縦54cm

どちらのお値段も100円なので、ワイドサイズを選んでおけばとりあえずは失敗はないかなと(大は小を兼ねる)。

ダイソー目隠しの構造ですが、↓こんな感じ。

布に紐が通っていて、紐の両端に吸盤が付いています。

この吸盤はスライド可能で、ストッパー吸盤を固定できます。
※詳しい使い方は次の章で説明します

ちなみに、布は割とスケスケ。

ですが、外側からはほぼほぼ視界をシャットアウト

わずかに人の輪郭が分かるかな程度。

クオリティは全体的な印象としては安っぽいですが、100円ですからね^^;

これを自分で作るよりかは100円で買った方がはるかにコスパは良いかなと。

車中泊でダイソー製目隠しを実際に使ってみた

実際に車中泊でダイソー製の目隠しを使ってみました。

ダイソー製目隠しの装着ですが、一つの窓当たり、慣れれば5秒です(早

窓全体を覆いかぶせるように吸盤の位置を調整しつつ取り付け。

カーテンがたるんでいたら調整ストッパーで調整

以上です。

※ブログ用に分かりやすい位置にカーテンを設置しましたが、本来はもっと窓に沿って設置します。

ダイソー製目隠しのメリット

メリットは4つほどありまして、

①装着が秒で終わる

②かさ張らない→コンパクト収納

③カーテンなので日よけ調整が簡単

④100円だけれど目隠し、日よけ効果は十分あり

ダイソー製目隠しのデメリット

デメリットは2つほどありまして、

①夜間に車内が明るいと中がなんとなく見えてしまう

②ペラペラで窓を開けていると風でピラピラして、用をなさない

この2つが問題なければ超コスパの良い車中泊に最適なダイソー製目隠しですよ^^

ちなみに、このデメリットを解消するにはちょっとコストは掛かりますが、キチンとした遮光カーテンを買うのもありかも。

磁石でカーテンを取り付けられたりと、昨今では楽々でコスパの良いものがあります。

また、車種専用のシェードを買うとか(付けるのめんどくさいですけどね)。

その代わり、遮光や断熱は完璧ですが。

流石に、100円では無理ですが・・。

まとめ:[車中泊]ダイソーの目隠し(カーテン)レビュー。これは損しない!

最後にまとめです!

車中泊用にダイソー製の目隠しなかなかコスパ良くないですか?

装着は簡単だし、めっちゃコンパクトになるし。

デメリットはちょくちょくありますが、100円でこれだけメリットがあれば十分かなと。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました