フリードプラスで車中泊は超快適でした!!布団を敷けるのは最強!

スポンサーリンク

フリードプラス車中泊快適なの?

シートはフルフラットになる?

実際に車中泊はどんな感じなのか知りたい!

そんな疑問に答えます。

この記事を読むと得られること

●フリードプラスでの車中泊が快適な理由が分かる

●フリードプラスで車中泊する様子が分かる

●普通のフリードは車中泊があまり快適でない理由が分かる

記事の信頼性

僕は車中泊も運転も大好きです。

普段はプジョー 308GTiという車で車中泊をしています。

ですが、この車、スポーツカーだけあって車中泊するには快適性があまりない、、、

車中泊の快適性が低いので、体が痛くなったり、よく眠れなかったり、、

そこで、ウチの両親のフリードプラスを持っているので、

試しに、布団を持ち込んで車中泊してみたら・・・

鬼快適でした。家かと思った。。

そんな経験を基に、この記事を書いています。

それでは見ていきましょう(‘ω’)ノ

スポンサーリンク

フリードプラスで車中泊は超快適でした!!布団を敷けるのは最強!

まず結論。

フリードプラスは車中泊をするには超快適な車です。

とりあえずこれを見てください。

どうですかこれ、、僕がいつも使っている布団を持ち込んでみました。

フリードプラスは2列目シートを倒すと、広大な荷室を作ることができます。

荷室のサイズは

長さ:185cm

横幅:113cm

高さ:100cm(くらい)

このサイズは、セミダブル程度の広さとなり、大人二人と小さな子供が川の字で寝られる程度の広さです。

また、通常サイズの布団もギリギリ敷くことができます。

また、室内高(100cm)は私ぐらいの身長(170cm)なら正座をすることができる高さです。

そして何と言っても素晴らしいのは、荷室がほぼ完全にフラットになることです。

更に、フリードプラスは、運転中も車中泊仕様(フルフラット)にしておける点です。

2列目シートと荷室の隙間を埋める板は2列目のシートのスライド量に左右されることなく使用できます。

そして、2列目シートの座面は、前席のシートバックに接触するような形になります。

前席のシートバックは調整できないのかと思いきや、2列目シートの座面は前席のシートバックの角度に合わせて角度を変えられるんです。

つまり、運転できるスペースを確保しながらも、車中泊仕様にしておけるんです。

運転につかれて早く寝たいときに、車中泊仕様に変身させるのは割と疲れるし、精神的にも辛いですよね。

でも、フリードプラスは常に車中泊仕様にしておける。

素晴らしいですよね。

ちなみに普段は、このプジョー308というハッチバック型の車で車中泊をしているのですが、、、

こんな感じ☟

助手席を目いっぱい倒して、凸凹はなるべくクッションで埋めるやり方。

そして、寝袋に入って体を痛くしながら寝てました。笑

一方で、フリードプラスは常に布団を敷いておけて、車中泊・・・。ホント快適。

もうマジで、自分のプジョーでの車中泊が虚しくなりました。笑

でもま、運転はプジョーのが楽しいので、、ときたまフリードプラスを借りられたらいいかな、、

フリードプラスで車中泊。ここは残念だったポイント

フリードプラスで車中泊をしている時にちょっと残念に思ったポイントが三つあります。

まず一つ目の残念ポイントは、この段差!

荷室と倒した2列目の隙間を埋めるために板を橋渡しするのですが、強度を保つためか、2.5cmほどの厚みがあるんです。

正直、このまま寝るのは体を痛める原因となるので、快適に眠るのは困難かなと。

ですが、そこは車中泊をするために生まれてきたといっても過言ではないフリードプラス。

この段差を解消するための手段がネット上に溢れています。

それは、2.5cm程度の厚さのバスマットを敷くという方法。

Amazonで「ラバーすのこ」と検索するとかなりの種類が出てきます。

で、ちょうど良いのがありました。

ちょっと厚さは薄い(0.5cm程度)ですが、ほとんど気にならないかと。

これ2枚で面積的にフィット。高さも橋渡し板と揃う。

よって、段差が無くなります。

そして二つ目の残念ポイントは前席とのアクセスがほぼ不可能という事。

フリードプラスの2列目シートはフルフラット状態(車中泊仕様)にすると座面が前席のシートバックに接触するような感じになります。

この状態では小柄な人ならともかく、170cm以上の身長がある方は厳しいかなという感じです。

170cmの僕、きつかったです。

前席は荷物置き場として割り切ってしまうしか無いかなと思います。

そして、最後の残念ポイントは視線が気になるということです。

フリードはミニバンなので、多数の窓がありまして、一つ一つの窓も大きめ。

純正でスモークが入っていますが、かなり薄めなので、夜間でも車内が丸見えなんです汗

これでもスモーク入っているんですよ!?

安眠するには車内を暗くして、視線を避けたい。

フリードシリーズは人気なのでアマゾンなどで目隠しが売られています。

←この型のフリード専用品です

目隠しは、人目を避けるだけでなく、断熱性も上げるので冬場の車中泊には絶対に合った方が良いアイテムですよね。

いろいろと残念ポイントはあるものの、総合的に見れば、フリードプラスは素晴らしい車中泊性能ですよね。

さすが、車中泊を快適にするために開発された車です。

フリードプラスは車中泊を快適にする為に生まれてきた車

そう、フリードプラスは車中泊をするために生まれてきた車と行っても過言ではありません

だって、ほら、メーカHPから持ってきた写真を見てください。

これはもうメーカー公認の車中泊用の車ですよね。(笑)

みんカラという自動車系のSNSがあり、フリードプラスの評価を見ていると、やはり車中泊をしたいがためにフリードプラスを選んだという方も多いようですね。

フリード+/ホンダ|クルマレビュー - みんカラ
ホンダ フリード+のレビュー、口コミなら「みんカラ」。クルマ大好きみんカラユーザーならではの詳細なレビューで、あなたの気になる車の情報がきっと見つかります。ホンダ フリード+のレビュー、口コミは日本最大級のクルマ情報サイト「みんカラ」

車中泊をする方が多いので、こういったノウハウがネット上に沢山あるのも魅力ですよね。

スポンサーリンク

普通のフリードでは車中泊は快適にできないの?

普通のフリード(6人or7人乗り)では車中泊はできないのでしょうか??

疑問ですよね。

結論から言えば、できます。

が、シートアレンジにかなりの制限が出てしまい、車中泊の快適性が大きく落ちることになります。

普通のフリード(6人乗りor7人乗り)はシートを倒してフラットにすることは可能ですが、限定的です。

このように、1列目+2列目を接続して寝床を確保する方法。

または、2列目+3列目を接続して寝床を確保する方法があります。

ご覧の通り、座面の凸凹がハンパじゃないですし、背の高い方は窮屈な思いをすることになります。

とても快適に車中泊ができるとは言えないですよね。

やはり、フリードプラスが車中泊に一番最適です。

車中泊が快適な他にも、運転が楽しいフリードシリーズ

車中泊以外にも運転が楽しいと更にうれしいですよね。

フリードシリーズは低床、低重心です。

しかも、足回りもホンダらしく、固めてあります。

また、ハイブリッド車は7速のDCTでスポーティーなドライビングも楽しめるんです。

それに、ハイブリッドで運転技術を磨くとカタログスペック以上の燃費を出すのも楽しかったりw

運転も楽しめて、車中泊も快適なフリードプラス。

正直、最高ですよね。

まとめ:フリードプラスで車中泊は超快適でした!!布団を敷けるのは最強!

フリードプラスは車中泊をするのには超快適です。

理由は

セミダブルクラスの広さと、正座できるほどの室内高

ほぼ完全にフラットになる後席&荷室

車中泊のために生まれてきた車ゆえに、ネット上にアイディアがいっぱいある

◆スポーティーな走りを味わえる

車中泊と運転を楽しめる車を検討中なら、検討するしかないですよね。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました