パーキングブレーキ~サイド式、足踏み式、電子式の違いって?~

クルマには駐車時には欠かせないパーキングブレーキがあります。

昨今では従来のサイド式と呼ばれる手で引くタイプにかわって足踏み式や電子式も登場しています。

では、それぞれの方式のメリットデメリットを紹介します。

サイド式

昔から使用されてきた手で引くタイプです。

メリット

◎ドリフトなどスポーツ走行には不可欠
(トヨタ 86やNDロードスターなどスポーツ車はいまだにサイド式ですね)

デメリット

◎室内空間が狭くなる

◎手で引くため、足踏み式に比べるとブレーキが甘くなってしまう。

◎ミニバンには必要不可欠であるウォークスルーにできない。

◎袖に引っかかる

足踏み式

ミニバンなどで多く採用されているタイプです。MT車で言うクラッチペダルのある位置にパーキングブレーキが鎮座します。

メリット

◎足で踏むため強力にブレーキをかけることができる。

◎室内空間が広くなる。

デメリット

◎素早いパーキングブレーキのON/OFFができない為、スポーツ走行には向かない。

◎MT車に乗る人の場合、クラッチペダルと間違える危険がある。

◎初めての車の場合、どこにパーキングブレーキがあるのか分からない。

電子式

電気的にパーキングブレーキを作動させます。人の力を必要としません。

メリット

◎スイッチ一つあればよいので、足踏み式よりも更に室内空間が広くなる。

◎電気式にブレーキをかける為、老若男女問わずブレーキ力が一定。

◎Dレンジに入れて発進するだけで自動でパーキングブレーキが解除されるクルマもある。

デメリット

◎もちろんスポーツ走行には使えない。

◎電気式なのでバッテリーがあがってしまった際は解除できない。

◎初めての場合は操作方法が分からない(車種によって操作方法が違う)。

まとめ

スポーツ走行をしない限りは電子式が一番便利で室内空間が広くなります。

また、だれでも同じ力でパーキングブレーキを掛けられるので安全です。

お年寄りや女性など力に自信のない方は電子式が一番ですね。

スポンサーリンク


コメント

タイトルとURLをコピーしました