<パーキングメーター>59分以内ならお金を入れなくても駐車違反にならない理由

日本の都市部にあるパーキングメーター

車を止めてから59分以内であればお金を入れなくても駐車違反にならない。

のですが、皆さんご存知でしょうか。

びっくりですよね。

実は、数年前まで知らなかったのですが、実際に私もやってみて確かに一度も違反切符を切られたことはありません。

★記事のテーマ

パーキングメーターは59分まで料金未納でも駐車違反切符を切られない。

それではさっそく見ていきましょう!

スポンサーリンク

そもそもパーキングメーターって何ぞや?

パーキングメーターってこれです。

赤い四角で囲ってあるのがそうです。

パーキングメーターとは駐車料金を徴収し、指定場所に一定時間クルマを駐車する権利を提供する機械です。

要するに、お金(300円)を入れれば60分間車をメーター前に停められるという事です。

※基本的にパーキングメーターはどんなに地価が高くても(たとえ銀座でも)300円で60分間、クルマを駐車する権利を提供しています。

なんで59分以内ならお金を入れなくても駐車違反にならないの?

厳密に言えば駐車違反なのですが、それを警察が取り締まることができないんです。

・・・その理由は?

小銭しか使えない事で今回の59分ルールが成立します。

「小銭が無かったので両替ができるところを探していた」

と言ってしまえば、警察はそれを立証することができないので取り締まることができません。

つまり、契約時間の60分までにお金を入れれば何ら問題もなく、59分以内にクルマを移動させれば、料金を払う必要が無いんです。

それでも駐車違反になる可能性がある?

以下の点に注意していれば、大丈夫です。

・駐車枠内に確実にクルマを入れる事

・59分以内に必ずクルマを移動させること

・パーキングメーターの営業時間内であること

・チケット型パーキングメーターではない事!

メーターの前に停めると自動で時間のカウントを始めるものが一般的ですが、たまにチケット方式のメーターがあります。

このタイプはチケットを発券機で発行し、クルマのフロントガラスに張り付けるという方式です。この場合、いつから停めたのかわからないので、59分ルールは適用されないので注意が必要です。

59分以内なのに、切符を切られた場合は?

ごくまれにですが、警察にではなく緑のおじさん(交通監視委員)に59分以内であるのにもかかわらず違反切符を切られることがあるようです。

これは緑のおじさんの無知によるものですので、以下のように対処しましょう。

・ステッカーに記載されている所轄の警察署にクレームの電話

・パーキングメーターの時間とステッカーを一緒に証拠写真を撮る

おそらくこれで撤回されるはずです。

まとめ

結論として、以下の条件を満たせば駐車違反となりません。

・白枠内に停める

・パーキングメーターの営業時間内である

・59分以内にクルマを移動させる

また、この記事は不正を助長させるものではなく、実状を述べております。

この方法を使う際は、自己責任でお願いします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました