旧型コペンVSビート 自分に最適な一台を選ぶ4つのポイント!

旧型コペンとビートどっちがオススメ!?

軽自動車でオープンカー。手ごろな価格帯の旧型コペンとビート。

どちらが運転が楽しいか、快適なのか、維持費が安いのか悩まれる方が多くいらっしゃると思います。

今回は、最適な一台を選ぶために4つのポイントに絞ってレポートしてきたいと思います。

①車両のスペック比較

②運転の楽しさ

③維持費の安さ(故障のしにくさ)

④中古車相場

これらを4つのポイントであなたの求める車はどちらなのかがわかります。

スポンサーリンク

①車両スペック比較

スペック

  コペン ビート
馬力[ps] 64PS/6,000rpm 64PS/8,100rpm
ターボ
トルク 11.2kgf·m/3,200rpm 6.1kgf·m/7,000rpm
車重 800kg 760kg
駆動方式 FF MR
実燃費 16km/L 19Km/L

コペンの場合、ターボを積んでいるのため、トルクがビートの倍程度有り、最大トルク発生回転数も低いので、町乗りは非常に快適でしょう。

一方、ビートの場合、最大馬力はコペンと同じものの、発生トルクは半分以下。しかも最大トルク発生回転数はめっちゃ回さないと出ません^^;

町乗りでも高回転を多用することになり、煩わしく疲れそうです。ただ、町乗りでも車の最大性能を使いきれるというのがビートの魅力。

快適性はコペンが上ですが、街中のスピードレンジでも楽しいのはやっぱりビート。

スタイル

コペンは登場からすでに15年ほど経っていますが、現代でも通じるかっこカワイイデザインですよね。2本だしマフラーもかっこ良いですよね。さらに、ハードトップというのは防犯性にも優れていますし、トランスフォームが電動なので、それもかっこいい!

一方で、ビートですが、ちょっと古めかしさを感じてしまいます。特にフロントのデザインは・・・うーん。古い!また、ビートの場合は幌(ソフトトップ)です。ナイフでサクッと幌を切って車内にウェルカムです。ただ、幌の方が車重が軽くできますし、ビートの幌は手動なので壊れる心配が無いですね。

②運転の楽しさ

エンジンサウンド

これは圧倒的にビートが良いです。ターボなしで8000回転まで回る高回転エンジンで官能的な音を奏でます。

また、力がなく高回転を多用する為、そのサウンドも良く楽しめます
しかも、エンジンが運転席のすぐ後ろにありますから、そのサウンドも本当によく聞こえるんです。運転がより楽しくなりますね!

一方で、コペンですが、ターボカーなのでやっぱり曇った音になってしまいますね。それもフロントエンジン。エンジンサウンドは期待できないでしょう。

ただし!コペンは静かなので、マッタリ走りたいひとや、ただ単にオープンを楽しみたいというのであれば、コペンの方が快適に走れるでしょう。

ハンドリング

こちらもビートに軍配が上がります。ビートはミッドシップエンジンですからね、ハンドリングが軽く、エンジンも中央に配置されている為、コーナーリング時の車の動きも自然です。

一方コペンはと言うと、フロントエンジンフロントドライブ、つまりエンジンが前に有り、前のタイヤを駆動するのですね。一般的にFFはハンドリングがよろしくないとされています。。。

ですが、コペンはスポーツカーです。車重も軽いです。ビートほどではないにしろ、スポーツカーならではのハンドリングを楽しむことができます。

スポンサーリンク

③維持費の安さ(故障のしにくさ)

今回はコペン、ビートで金額に大きな違いが出る項目をまとめました。

タイミングベルト交換

コペンの場合、タイミングチェーンの為、交換の必要はありません。

一方でビートの場合、タイミングベルトの為、交換が必要です。また、力の無いエンジンで高回転を多用するため、7万キロくらいでの交換が推奨されているようです。交換費用は7万円くらいです。

ルーフの故障

コペンの場合、ルーフの故障が一番怖いです。一般的なトラブルはルーフ開閉時の力が弱まり車が自力でルーフを開閉できなくなります。
折角の電動オープンを見せびらかしたいのに、手動って^^;
修理は5~20万円です。

一方でビートですが、手動で幌を開閉するため、故障の確率はかなり低いです^^
ただし!幌の為、経年劣化による雨漏りや静粛性に劣ります。極め付きは防犯性が皆無です。カッターがあれば秒速で車内へ侵入できちゃいます^^;

エアコンの故障

どちらも故障のリスクがあるのですが、、コペンに比べビートは生産から10年以上年数が足されます。また、高回転を多用するということで、コンプレッサーにも負担がかかります。

ビートはエアコンが壊れる&壊れている可能性が高いでしょう。

④中古車相場

  コペン ビート
最安値 20万円 17.8万円
最高値 198万円 198万円
平均価格 67.5万円 62万円

2019年8月 カーセンサー調べ

中古車相場は一見するとどちらもあまり変わりありません。

ですが、全体としてはビートの方が安い車両が多い印象です。

例えば40万円までの車両が コペンは 2台に対し、ビートの場合は7台存在しています。

まとめ

①~④の項目を以下にまとめてみました。

  コペン ビート
車両スペック
運転の楽しさ
維持費の安さ(故障のしにくさ)
中古車相場
総合点 9 8

◎:3点 〇:2点 △:1点

コペンがわずかに勝利しました。

安い価格帯の車両価格の差は10万円ほど。古いビートを買い、修理費をかけるよりも年式が新しいコペンを買った方がトータルコストは安くなるでしょう。

オープンカーに乗ってみたい!という方ならコペンをお勧めします。

一方で純粋に運転を楽しみたい!ということであれば、ビートをお勧めします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました