格安アクションカメラを買うのは損!比較して分かったひどい性能

アクションカメラを買おうと思うけど、初めてだし、格安でもいいかな?

ちゃんとしたアクションカメラとは全然値段も違うし、見るに堪えない性能なの?

格安のアクションカメラを買って損しないかな?

そんな疑問に答えます。

結論から言うと、格安アクションカメラを買うのはNG。

普通のアクションカメラを買った方が良いです。

✅この記事で得られること

普通のアクションカメラと格安アクションカメラの性能や実際の画質を比較して、双方のメリットデメリットが分かります。

総合的に見て、普通のアクションカメラを買った方が良いことが分かります。

✅記事の信頼性

GoPro HERO3(2013年式)と最新のOsmo Action、そして、3台の格安アクションカメラを購入してきました。

ここ数年のアクションカメラの進化や格安アクションカメラの性能がどんなものかというのは経験済みです。

格安アクションカメラは性能が残念

そう、格安アクションカメラは性能が残念です。

格安アクションカメラが勝っているのは価格だけ。

普通のアクションカメラは安くても3万円からという感じですが、格安アクションカメラは3千円からあります。

ですが、画質、手振れ補正、色合い、質感、音質、画角などにおいて残念です。

基本的に3000円クラスのドライブレコーダーをアクションカメラ風にデフォルメし、機能を多少足したものと考えてください。

それでは詳しく解説してみますね。

今回は

◆Amazonの評価が高く、値段が高めな格安アクションカメラ Victure(6000円)

◆普通のアクションカメラ OsmoAction(3万円)

を比較をしていきます。

格安アクションカメラといってもピンキリなのでは?

Victureのみで比較しても参考にならないのでは?

そんな疑問を投げられそうですね。

僕は3台の格安アクションカメラの購入歴がありますので、経験もそれなり。

格安アクションカメラにもあたりはずれがあり、モノによって全然違います。

画角が異常に狭かったり、収録音量が異常に小さかったり、ノイズが入ったりetc

なので、今回はその中でも一番マシで高額だったVictureという格安アクションカメラで比較していこうと思います。

また、Amazonのレビューはサクラが多くて変な日本語も多く、こういった中華系製品のレビューや評価数は全く参考になりません。

さてそれでは比較していきましょう。

格安アクションカメラ[Victure] VS 普通のアクションカメラ[Osmo Action]です。

双方は同じ条件で撮影しています。(1080p,30fps,手振れ補正アリ)

【比較】OSMO ACTION VS 格安ウェアラブルカメラ[六千円位]

画質がドライブレコーダー並みな格安アクションカメラ・・

格安アクションカメラ、OsmoAction双方ともに1080p 30fpsで設定内容は同じ。

なのに、なぜこれほどまで違いが出るのか。

全体的に画質が荒い感じです。

格安アクションカメラは本当に1080pなのかというレベルです。

また、全体的に画面が暗い印象です。

色合いも不自然で機械的。

アマゾンで3000円程度で買ったドラレコの映像を思い出しました。

格安でも意外と手振れは効いてるじゃん!でも、機能制限が・・・

動画を見ていただいたらわかりますが、格安アクションカメラでも手振れ補正は結構効果あってこれは〇

ですが、手振れ補正を効かせられるのは1080pまでとなっており、肝心の4Kでは手振れを効かすことができません

一応、格安アクションカメラの4Kでも車載動画を撮ってみました。

画質は良くなったけど、Osmo Actionの1080p程度の画質かなといった感じ。

しかも、車載動画の場合、なぜか画面が波打つ~_~;

これは致命的。

やはり、格安アクションカメラは性能が安定せず、不完全な場合が多いと再認識しました。

格安は画角狭すぎ。これでアクションカメラといえる?

画角が狭すぎです。。。

アクションカメラって広角を売りにしているのも事実。

格安アクションカメラのVictureは170度超広角レンズを売りにしてるんだけどなぁ。

それともOsmoActionが優れているだけ?

格安はめっちゃ軽量。これはメリット?

格安アクションカメラはOsmo Actionの半分程度の重量でこれは〇。

ヘッドマウントしたりするときは軽量さが結構重要ですからね。

まぁ、Osmo Actionはボディーが金属なのでその分強度が高めなのと、作りがしっかりしているので仕方ないのかなと。

格安アクションカメラはオモチャみたいな質感です。

格安は収録音量が小さくて籠っている感じ・・。小さなノイズ音も

動画を見てもらえればよくわかるのですが、、

アクションカメラあるあるなのですが、収録音量が小さかったり、籠っていたり。

これは格安アクションカメラでもOsmo Actionでも同じような傾向があります。

格安アクションカメラの方がその傾向がかなり強い感じです。

また、格安アクションカメラの方には「ピーン」というノイズがずーっと入っています。

アルトで群馬 その3
格安アクションカメラで車載動画

Osmo Actionの場合は外部マイクで解決できますが、格安アクションカメラの場合は外部マイクがつけられない場合が多いです。

Victureの場合は外部マイクをつけれらますが、マイクをつけても内蔵マイクがOFFにならず、音が2重にに収録されるという始末。

巷では格安アクションカメラがもてはやされているが・・・・

Googleで「格安アクションカメラ」などと検索すると

◆格安アクションカメラおすすめ10選!

◆格安アクションカメラの優れた性能比較!

などというタイトルの記事が多数ヒットし、まるで格安アクションカメラの性能は十分に良いなどという印象を受けますが、本当でしょうか?

これらの記事を書いている人たちは記事に出した10個ものアクションカメラを買って実際に試したのでしょうか?

ふつうそこまでする人は稀ですよね。

僕は普通のアクションカメラ2台、格安アクションカメラ3台を買って、格安アクションカメラを買うのは損という結論を出しています。

これまで述べてきた通り、性能が各カメラで異なっており、あたりを引くのは至難の業です。

格安アクションカメラでもお試しで買う分には問題なし

価格だけはお安いです。

格安アクションカメラ[Victure]は6000円

普通のアクションカメラ[ OsmoAction]は30000円

正直、アクションカメラってどんな感じなのかを知るだけなら格安アクションカメラでも十分です。

しかし、これからアクションカメラをたくさん使っていきたい、きれいな映像を撮りたいというのであれば、格安アクションカメラを買うのはNGです。

おすすめのアクションカメラはOsmoAction

格安アクションカメラではなく普通のアクションカメラを買うなら何が良いか。

有名どころで言うと

・GoPro HERO8

・DJI Osmo Action

・SONY action cam

この3強となります。

そこで、僕はOsmo Actionをお勧めします。

理由は

◆HERO8とOsmo Actionの性能がほぼ互角であり、Osmo Actionの方が1万円弱安い

➡特に気になるのはマイク性能だが、Osmo Actionは外部マイクが使えるので問題なし

➡HERO8はレンズ交換が自分でできないが、Osmo Actionは自分で手軽にできる

◆Sony action camはHERO8とOsmo Actionに性能差をつけられており、そもそも選択肢にならない

まとめ

格安アクションカメラはお試しなら良いが、きちんとした動画を撮りたいというのであれば、普通のアクションカメラを買った方が断然お得。

そして、普通のアクションカメラで特におすすめなのがOsmo Action。

ちょっとよくわからなかった方は見返してみてくださいね^^

コメント

タイトルとURLをコピーしました