あおり運転してしまう。4つのことを実行すれば確実にやめられます

あおり運転をやめたいけれど、ついついしてしまう。

昨今では、例の高速道路暴力事件があったし、してしまった場合の処罰が怖い。

そもそも、あおり運転自体やってはいけない行為というのは分かる。

何とかやめる方法はないだろうか?

そんな疑問に答えます。

◆この記事で得られる事

あおり運転、、やめたいけれどしてしまう。。

そんな方へ、あおり運転をやめる方法をシェアいたします。

◆記事の信頼性

頻繁に煽り運転をしてしまうという友人のヒヤリングとネット上の情報を基にしてこの記事を書いています。

また、「あおり運転を受けない方法」という記事はよくありますが、「あおり運転をやめる方法」という記事は無かったので僕がまとめてみました。

それでは見ていきましょう(‘ω’)ノ

あおり運転してしまう。4つのことを実行すれば確実にやめられます

あおり運転をよくしてしまう。

でも本当はやめたい。

切実ですよね。

そこで、以下の4つのことを実行してみてください。

◆6秒間楽しいことを思い浮かべる

◆大切な人の写真をダッシュボード上に飾る

◆あおった先にある最悪の人生を想像する

◆なぜ自分があおり運転をしてしまうのかを知る

なぜこれらのことが重要なのか具体的に解説していきます。

あおり運転をやめられる方法①:6秒間楽しいことを思い浮かべる

6秒ルールと呼ばれるイライラ解消法です。

6秒間楽しいことなど、気を紛らわせることのできることを想像します。

人間は怒りを感じてから6秒間がピークであり、その後落ち着きます。

そこで、6秒間楽しいことや子供のこと、彼女や奥さんのことを想像して、前の車ではない別のことへと集中させます。

すると、怒りの感情が落ち着き、あおり運転をしてしまう可能性が低くなります。

あおり運転をやめられる方法②:大切な人の写真をダッシュボード上に飾る

大切な人の写真(子供や奥さん、彼女など)をダッシュボード上に飾りましょう。

あおり運転をしそうになった時に、写真に目をやり、

あおり運転をして追突事故や相手を負傷させたり、事故に発展させてしまったときのことを想像します。

仕事を失い、刑務所で懲役刑を受ける可能性もありますよね。

ちなみに、あおり運転の厳罰化により、罰則は以下のようになっています。

・1回の摘発で免許取り消し

3年以下のの懲役刑、または50万円以下の罰金刑

交通に著しい危険を生じさせた場合は5年以下の懲役刑、または100万円以下の罰金刑

もしもそんなことになったら、大切な人との大切な時間を共に過ごせなくなってしまいますよね。

更に、前科となりますので、就職や海外渡航などで大きな支障となる可能性があります。

だから、ダッシュボード上に大切な人の写真を飾り、あおり運転をしそうになったら目をやりましょう。

あおり運転をやめられる方法③:あおった先にある最悪の人生を想像する

あおった先にある最悪の人生を想像します。

あおって相手を負傷させたり、事故に発展させたりしたらどうなるのか・・・。

逮捕されたり、大切な人との時間を過ごせなくなったり・・。

事故一瞬後悔一生。

楽しくて幸せな人生を送りたいですよね。

そのためにも、あおった先にある人生を想像しましょう。

あおり運転をやめられる方法④:なぜ自分があおり運転をしてしまうのかを知る

なぜ自分があおり運転をしてしまうのか、知るのはとても大切なことです。

なぜなら、そのメカニズムを知ることによって、自分の感情の移り変わりを客観的に見ることができ、冷静になることができるから何です。

どの方法にも言えることなのですが、最終的にあおり運転をやめる方法というのは冷静になるということなんですね。

さて、「なぜ自分があおり運転をしてしまうのか」これを次の章で解説していきたいと思います。

あおり運転をしてしまう その心理、心の移り変わりを解説

それでは、なぜ自分があおり運転をしてしまうのかその理由としては以下の3つが挙げられます。

◆匿名性や運転技術の自負により気が大きくなる

◆ストレスの積み重ね

◆普通の人とは異なる自己中心的な考え方

これらの理由と何かしらのきっかけ(他車の危険な運転行為など)があることであおり運転へと発展します。

これらを具体的に解説していきます。

あおり運転をしてしまう理由①:匿名性や運転技術の自負により気が大きくなる

車の中は匿名性があることで、反社会的な行動をしても世間体が保たれますよね。

YouTubeなどでも、対面では絶対言わないようなコメントが散見されますよね。

それと同じことが、あおり運転をしてしまう理由にもなっています。

また、運転技術が高い、高級車に乗っているなどの自負によって優越感を感じますよね。

これは、人間としては当然の心理だと思うんです。

ただ、これが悪さをするんですね。

優越感によって、他車よりも自分(の車)が上の存在であると認識してしまうんです。

すると、自分よりも下位である車のちょっとした交通を妨げるような運転に、必要以上に怒りを感じてしまいます。

あおり運転をしてしまう理由②:ストレスの積み重ね

人間は少しのストレスでは、相当なことが無い限り怒り爆発することはありませんよね。

ただ、不運なことが重なった、タイミングの悪さが重なったなどストレスの積み重ねをすることで、怒り爆発しあおり運転につながるケースもあります。

以下の動画が、少しのストレスが積み重なりあおり運転へと発展する非常に分かりやすい例です。

気持ちよくランニングしていると、次々に現れる些細な障害。

だんだんと苛立ち、攻撃的になっていく様が良く表現されています。

また、逆にあおられることであおり返してしまう事もありますよね。

あおられないように運転するというのもストレスを積み重ねない方法です。

あおり運転をしてしまう理由③:普通の人とは異なる自己中心的な考え方

決して気を悪くしないで読んでいただきたいのですが、普通の人とは異なる自己中心的な考え方で、あおり運転へと発展しているケースがあります。

ストレスの積み重ねで、怒りを感じることがあっても、あおり運転までしてしまう人は割と少数です。

自己中心的考えの人は少数派に分類されることが多く、敵意帰属バイアスというものが強く働きます。

この敵意帰属バイアスというものは、「相手に敵意があると強く思い込んでしまう」現象のことです。

極端な例ですが、「信号前だからとまる」☞「なんでこいつは減速するんだ?わざと邪魔してる」このように思うわけです。

ゆがんだ解釈をしてしまうわけです。

まとめ:あおり運転してしまう。4つのことを実行すれば確実にやめられます

あおり運転をしてしまう、、以下の4つのことを実行すればOKです。

◆6秒間楽しいことを思い浮かべる

◆大切な人の写真をダッシュボード上に飾る

◆あおった先にある最悪の人生を想像する

◆なぜ自分があおり運転をしてしまうのかを知る

常に、安全運転を行って幸せなドライバー人生を送りましょう(‘ω’)ノ

読んでくれてどうもありがとうございましたm(__)m

コメント

タイトルとURLをコピーしました